金運がアップする風水

金運を上げるためにはどんな方法が良いのか、色々な情報がありますが風水での金運アップ方法は、とても効果があると評判です。風水は、色や方角といった自分でもやりやすいことばかりで、毎日の生活で取り入れることにより様々な運気が上昇していきます。特に気になる金運ですが、色で言うとずばり黄色なのです。

この黄色をうまく使うことがコツなのですが、金運をあげる為に黄色のお財布を使うことがとても効果的です。黄色のお財布は金運を上げるだけでなく、盗難などお金をなくすことの予防にもつながるといわれています。このお財布ですが、皆さん何気なくかばんに入れておくことがありますが、家にいるときお財布をかばんに入れたまま保管をしておくのは、お金が逃げる、という意味があります。

開いたかばんではお金がたまらないということです。そこで外出先から戻ったらまず、お財布はかばんの中から出しておきましょう。保管するのは箪笥の中がよいです。そして黄色は西の方向に置いておくことにより、運気が上昇します。

黄色のお財布を使っている時は、かばんから出して家の中の西方向に保管しましょう。お財布はなるべく古いものを使い続けないで定期的に新しいものと交換することも必要です。そしてお財布の中のお金には感謝の気持ちを持つこと、金運が上昇したら幸福になれる、という強い前向きな気持ちを持ち続けることが必要です。

運気を上昇させるためには、まず厄除けも必要になります。厄がついていると、せっかくの運気も逃げてしまいますから、まずは自分の願いを強く持つことと、運気が上昇することを心から願い、お金に対する感謝の気持ちを毎日持つことが大切です。部屋の西側を綺麗にしておくこともコツです。

風水と北枕

幼い頃から、北枕にしてはいけないと言われてきました。
ところが、風水の話を聞いていた時に「北枕は本当は良い事なのです。」と言われたのです。今まで信じていた物と全く逆の事を言われたので驚いてしまいました。これは、一体どういう事かと調べてみました。

相反する二つの説には、全く別の由来があるのかと思ったのですが、理由を知ってみるとどちらも同じ事を言っています。

私が幼い頃に「北枕はいけない」と聞いていたのは、死者を送り出す前に北枕で寝かせていたからです。死者と同じ向きで寝るのは縁起が悪いと言われていたのです。死者を北枕で寝かせる理由は、北枕にすることで磁力を利用し死者の蘇りを望み再生を願うからです。

これこそが、風水で「北枕が良い」と言われている理由なのです。

北枕で寝る事は、地球の磁力を味方につける事です。日本のある北半球では、磁場は北から南に流れているので北枕で寝る事は、頭から磁力を受け入れ足に向かって流す事になります。これにより、身体に溜まった悪い物を流す事ができ再生するパワーがみなぎるとされています。

一説によると、「北枕は悪い」という言い伝えは北枕の効果を知っていた武将が回したデマだとされています。武将は、敵がその効果を得てパワー全快で戦ってくる事を恐れて言い回ったのです。これが一般の人の間にも広まり現代まで伝わった物だと言われています。

我々生きている人間が北枕で寝る事は、武将が恐れなければならない程、明日への活力をつけるのに効果的なのかもしれません。

私と同じように幼い頃に言い伝えを聞いていた人は、抵抗があるかもしれませんが、特に疲れた日や、精神的に参っている時に一度試してみるのはいかがでしょうか。いつもよりグッスリ眠れたという感想を持てるかもしれません。

東南の部屋の効果

風水が好きで、自室で行っていました。
西に黄色、東に赤…など一般的に知られている事をしてみました。
特に恋愛運を上げたかったので、
東南に黄、ピンク、白、赤の花の絵を飾っていました。
後は魚のモチーフが恋愛運にいいというので、
ピアスや置物を活用しました。
しかし自室では家全体で見る事が出来ず、
あまり効果は感じられませんでした。

それもそのはず、私の自室は家全体で見ると北西の方角で、
家の主になるという運でした。
妹は結婚しましたが、私は居座ってしまうのかなと思いました。
自室を替えようかとも思いましたが、
良い部屋もなく、そのまま風水はしなくなっていました。

その後、古い家の建て替えをし、
敷地から見て東南の方角にサロンを建てました。
母親がしている栄養補助食品の試食会をするためです。
その部屋の居心地はとても良く、
沢山人が集まってきます。
日当たりが良く、不思議と植物が育ちます。

いつしか私もそこで食事やパソコンをするようになり、
過ごす時間が増えました。
自室は寝るだけになっていました。
そのサロンで一日の大体の時間を過ごすようになってから、
パソコンを通じて男性と知り合う事が出来ました。
お医者さんが好きなのですが、
普段は出逢う事のない人とも知り合えました。

風水は気と思います。
やはり居座る運の北西の自室でいるより、
情報や恋愛運のいい東南の部屋の気が良かったのでしょう。
東南の部屋で過ごすようになってから、
転職なども上手く行き、確実に運が上がっています。

肝心の恋愛運はもうちょっと良くなったらいいなと思いますが、
この部屋で過ごしたらいつかはいい縁があると確信しています。
風水をする時は家全体を見て、
運気のいい部屋で長く過ごす事が重要だなと思いました。

風水と家相

家を設計していくにあたり,気になってくるのが家相です。風水でも、家相について善し悪しがいろいろありますが、主なところでは次のような内容になっています。(そもそも家相って何?という方はこちらをご覧ください 家相)

1 玄関…東~南東にあるとよいと言われます。南西は凶。これは、太陽のエネルギーが成長してくる方位だからです。この理論から考えると、太陽が沈んでいく西は、エネルギーが小さくなっていく方向であるため、玄関に適していないことがわかります。
2 台所…東~南東にあるとよいと言われます。南~西にかけての位置の台所は凶。よく、台所は西日が入らないようにと言われます。これは、西日が当たる場所は、ふつう高温になりやすく、食材が傷みやすい昔の経験からきているようです。
3 トイレ…東~南東にあるとよいと言われます。北西方向も可。トイレは基本的にどの方位にあればいいというものではないようです。ただし、神聖とされる北方向にはトイレはつくらないほうが無難のようです。とはいえ、現代のせまい日本の家で、トイレは絶対北にしてはならない…というのも考えもの。一番重要なのは、トイレを常に綺麗にしておくことだそうです。
4 リビング・ダイニング…凶方位はないとよく言われますが、リビングだからこそ、あたたかで日差しを受けやすい東~南東にあるとよいようです。ここもまた、家の中心的な活気をふくむ場所になるので、エネルギーが小さくなりがちな南西~西の方位は避けたほうが無難のようです。
5 夫婦の寝室…一般的には北西方向がいいと言われています。これは、神聖な北方位は、身体のストレスを発散させるのに適しているからだそうです。そのように考えると、心室が東~南東にある場合はどうでしょうか。これは、営業などの仕事で常にエネルギー補給を必要としている人には大変適した寝室の方位となります。
6 子供部屋…頭を冷やし、勉強に良く取り組めるよう、北にあるとよいです。

風水による金運アップは玄関、寝室、トイレが鍵です

風水では全ての良い運は玄関からやってくるとされています。
もし、あなたが金運に見放されていると感じているのなら、真っ先にすることは玄関の掃除です。
ホコリや靴の底から落ちた泥や枯葉など、落ちていないでしょうか?
玄関を徹底的に掃除しましょう。
そして、玄関のたたきは必ず毎日水拭きするようにしましょう。玄関のたたきを水拭きすることで、厄が落ちると言われています。
その際、水の中に少々、勿体ないですが、少量のお酒と塩を入れるのも得策です。
お酒もお塩も邪悪な気を清めてくれる働きがあります。
次に、金運を上げるために覚えておくのは、靴箱の位置です。
玄関を入って左側に靴箱をおきましょう。そして、玄関を入って右側には鏡を置くのが金運アップになります。こちらも参照してください。 風水によい玄関構成
靴箱の色は白が良いとされています。鏡は全身が映るものが良いとされています。

玄関には靴を脱ぎっぱなしにせず、きちんと全ての靴を靴箱に入れるようにしましょう。
玄関が靴でごちゃついていれば金運は上がりませんので注意しましょう。
更に、龍は金運を運んでくれるとされているので、玄関の右側の高いところに置くと良いとされています。
鏡の上に棚を作って龍の置物を飾るのも得策です。
続いて寝室でできる、金運アップの風水を挙げていきます。
寝室では北枕で寝るようにすると金運がアップすると言われています。
そして、寝室には大抵鏡がありますよね。この鏡にも注意が必要です。
もし、鏡に自分の寝ている姿が映るようであれば、金運には良くありません。なので、鏡の場所を変えるか、鏡に布などをかぶせて、自分の姿が映らないようにしましょう。
そして、目覚まし時計なのですが、金属でできた目覚まし時計が良いとされています。
金属の目覚ましが金を呼ぶのです。

そして、枕カバーの色は白が良いとされています。
そして、金運を上げるためには、トイレにも注意を向けなければなりません。
トイレのふたは使用していない時は必ず閉めましょう。
そして、トイレというのは、やはり、不浄の場所ですので、運が下がります。ですから、トイレの掃除を怠らず、さらに、水晶を置くと良いとされています。
水晶が不浄な気を清めてくれるのです。
玄関、寝室、トイレに注意を払って、金運を呼び込みましょう!